牡蠣小屋 糸海

船越漁港の炭火焼きのお店
糸島牡蠣小屋
深江漁港の糸海は、椰子の木がなびく突端の牡蠣小屋
2014年のシーズンまで深江漁港で営業されていた「港」さん。 深江漁港のさらに奥に移転されて、お店の名前を「糸海」に変えて営業されておりました。
相変わらず、独自に進化したメニューが目白押しです。
糸海さんのキムチ鍋は最高ですよ。牡蠣鍋じゃないので、牡蠣は自分で焼いて入れてくださいね。 どんなにスゴイ鍋かは、レポートを御覧くださいね。

持ち込みは、おにぎり、飲み物、調味料のみ。
店内で販売しているもの以外は焼けません。
このページの情報は、2016年2月時点のものです。



↓ここに広告出しませんか?
スポンサー様募集中、詳しくはこちら

深江漁港の入口付近に移転
糸島牡蠣小屋 糸海
かつてあった深江漁港の「港」さんも、細い道をとおらなくてはならなかったのですが、 河口の入口付近に移転されて、さらに細い道を通らなくてはなりません。
かなりデンジャラスですので、運転にはご注意くださいね。

そのデンジャラスな道を進むと、視界が一気にひらけて、椰子の木がたなびく場所に出ます。
そこに「糸海」さんがあります。

糸海さんまでのデンジャラスな道


牡蠣の養殖筏を見ながら
糸海 牡蠣の養殖筏
目の前には、牡蠣の養殖筏が見えています。

牡蠣小屋 糸海(いとしい)さん
牡蠣小屋 糸海(いとしい)
炭火焼き「糸海」。糸島の海だから ito sea ということで「愛しい」だそうです。

糸海の周辺の様子


店内の受付、メニュー
糸海 店内の受付
お店に入ると、すぐに受け付けです。
ここで、牡蠣や食べたいものを選んで席につきます。

他の多くの牡蠣小屋にはカキフライなどあるのですが、糸海さんには単品だけでなく、なんと「定食」があるんです(汗)
カキフライ定食 700円
唐揚げ定食 550円
サバみりん定食 550円
銀だらみりん定食 700円
牡蠣カレー 400円
他にもいろいろあります。

牡蠣の値段
糸島牡蠣小屋 糸海 牡蠣の値段
「糸海」さんは、糸島漁協所属ではないそうなので、牡蠣の値段は1盛り1000円です。
それから、他の牡蠣小屋では一律300円の炭代が、糸海さんは無料だそうです。

店内にはおでんも
糸海 おでん
糸島では珍しい、牡蠣小屋におでんが!
寒い時には、おでんもいいかもです。
なんと、この日は無料になっていたような気がします・・・

糸海 調味料
おでんの横には、自由に使える調味料が並んでおります。
マヨネーズや生レモンがあるのが嬉しいですね。
レモンは、二丈産の無農薬レモンですぞ!

しかも、よく見ると「お子様用の軍手」も準備されています。

防寒対策
糸海防寒対策
ひざ掛けやエプロンも用意されています。

店内の様子
糸海 店内の様子
店内は、昔のトラディショナルな牡蠣小屋の感じ。
シンプルな作りです。

焼き牡蠣5点セット
糸海 焼き牡蠣5点セット
オーソドックスな焼き牡蠣5点セットです。

炭が入っておりませんが、持ってきてくれました。

調味料セット
糸海 調味料セット
入り口にも、マヨネーズなどがありましたが、各テーブルにも基本の調味料が置かれてあります。

早速焼いてみます
糸海 焼き牡蠣
早速、牡蠣を焼いゆきます

こんなところに、かつてのお店の名残が・・・
牡蠣小屋 糸海 炭火焼き
牡蠣ヘラを見ると、懐かしい名前が残っておりました。

牡蠣が焼けてきたようです。
糸海 牡蠣
前回も書いたのですが、深江の牡蠣は粒が大きいいように感じます。
大粒のぷりぷり牡蠣ですよ。

キムチ鍋が来ました。
糸海 キムチ鍋
ある程度、火を通してくれますので、再沸騰したくらいで食べることが出来ます。
ちなみに、キムチ鍋です。牡蠣は入っておりません。

糸海 牡蠣キムチ鍋
牡蠣が入っていないので、自分たちで焼いた牡蠣をキムチ鍋に投入して牡蠣キムチ鍋にします。

これがメチャウマ!
牡蠣小屋最強のメニューかもしれません。

糸海のキムチ鍋
牡蠣は自分たちで入れました


ご飯を入れて、牡蠣キムチ雑炊
糸海 牡蠣キムチ雑炊
キムチ鍋にはご飯もついてくるんです。これで550円。安い!
2人〜3人分ですね。

糸海 牡蠣キムチ雑炊
前回「港」さんに来た時も、キムチ鍋を頼んだのですが、牡蠣キムチ雑炊は大満足です。
熱々で体が温まって、ホカホカです。

途中の道がデンジャラスですが、譲りあいながら注意して来てくださいね。

スポンサーリンク

スポンサー様募集しています

Line
Facebook
Hatena::
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
pocket
Twitter

【深江漁港の先】
糸海 いとしい

糸島市二丈松末2002-1
tel 090-5477-5216
営業時間 11:00-17:00
定休日:火曜

公式サイト




メルマガ バックナンバー

糸島牡蠣メニュー

HOME

糸島の牡蠣地図

アクセス方法

・車で来る

・公共交通機関で来る

・JR+徒歩で来る

・タクシーで来る

これが牡蠣小屋だ!

牡蠣小屋のシステム

牡蠣の焼き方、食べ方

牡蠣小屋 ゆるキャラ

人気投票ランキング2016秋-2017春

過去記事一覧

2017年も食べてきました
サイドメニュー攻略

2016年も食べてきました
サイドメニュー攻略


過去のサイドメニュー攻略


牡蠣小屋(糸島、福吉)

加布里漁港(2軒)

●2軒を一覧で見る

・ひろちゃんカキ

・住吉丸

船越漁港(8軒)

●8軒を一覧で見る

・みわちゃん

・豊漁丸

・マルハチ

・かきハウス正栄

・ケンちゃんカキ

・カキハウスもっくん

・服部屋

・千龍丸

岐志漁港(13軒)

●13軒を一覧で見る

・恵比須丸

・富士丸

・徳栄丸

・のぶりん(順徳丸)

・中宮丸

・弘進丸(こうちゃん)

・大栄丸

・高栄丸

・豊久丸

・大黒丸

・日進丸

・岡崎旭星

・よしむら

深江漁港(1軒)

・糸海(一般店舗)

大入漁港(1軒)

・だいゆう(一般店舗)

・ウエスタンマリン(一般店舗)

福吉漁港(4軒)

●4軒を一覧で見る

・飛龍丸

・ますだ(新生丸)

・伸栄丸(佐々木)

・梅本(白山丸)

唐泊漁港(2軒)

・恵比須牡蠣

・ざうお【一般店舗】

福岡市内天神の牡蠣小屋(一般店舗)

ベイサイド(1軒)

天神牡蠣小屋(恵比須かき)

ももち浜 かき小屋マリゾン

磯貝めんちゃんこ(福岡ビル屋上)

オイスターガーデン蔵矢(大丸屋上)

カキ小屋 湾岸丸

ベイサイドプレイス博多

釣船茶屋ざうお天神店

すし幸 屋上牡蠣ガーデン

牡蠣小屋 結論

どのカキ小屋がいいの?

牡蠣の焼き方

グーグルマップで詳しく見る

糸島牡蠣販売

宿泊のご案内(じゃらん)

博多、天神で宿泊

糸島、芥屋で宿泊


とっても新しい糸島案内 2017

糸島ドライブの決定版 2014

牡蠣小屋の他にも魅力いっぱい

牡蠣小屋の名物料理、魚介類

緋扇貝(ヒオウギ貝)


その他

糸島牡蠣ニュース

プライバシーポリシー

問い合わせ


宝くじが当たった!証拠付き財布


岐志漁港の牡蠣小屋一覧に戻る

牡蠣小屋 糸海に戻る


●牡蠣小屋の名物
緋扇貝(ヒオウギ貝) ウチワエビ
天然ハマグリ
甲貝
イカトンビの唐揚げ
いわし明太
ちゃんちゃん焼き
一口アワビ
たこおどり

●加布里漁港 ひろちゃんカキ 住吉丸
●船越漁港 みわちゃん 豊漁丸 マルハチ かきハウス正栄 ケンちゃんカキ カキハウスもっくん 服部屋 千龍丸
●岐志漁港 恵比須丸 富士丸 徳栄丸 のぶりん 中宮丸 こうちゃん 大栄丸 高栄丸 豊久丸 大黒丸 日進丸 旭星 吉村 ●福吉漁港 飛龍丸 ますだ(新生丸) 伸栄丸(佐々木) 梅本(白山丸)
●深江漁港
糸海(一般店舗)
●大入漁港
だいゆう(一般店舗)
●唐泊漁港
恵比須かき
船越漁港の牡蠣小屋 岐志漁港の牡蠣小屋 福吉漁港の牡蠣小屋 糸島の牡蠣小屋地図 牡蠣小屋とは 牡蠣小屋キャラクター
メルマガバックナンバー 管理人紹介 プライバシーポリシー 問い合わせ
Copyright(C) 2008-2017 糸島半島牡蠣小屋ガイド All Rights Reserved.